niuhans

 
March 14, 2016 

EXCLUSIVE INTERVIEW WITH ADA HAMZA

Journal_Ada_2

Where are you right now?
Right now I am at home in Ljubljana. It’s Sunday evening and I just came home from a long family lunch and I am making plans for the upcoming week.

What time is it now?
It’s 7 pm and today was the first winter day which smelled of spring.

What the view from the window?
We live on the 4th floor of a building overlooking a bunch of small family houses with lights turned on. It’s dark, peaceful and quiet.

What a colour would you choose about your mood of today?
Jasmine.

Perhaps would you tell us about the environment where you were raised in your childhood/ teen years?
I was born in Slovenia which was then part of Yugoslavia. My parents come from Croatia and Bosnia Herzegovina. I spent my childhood in all of these countries. For me it was a fantastic time, we were all part of this big socialist republic, we had little but we were happier than today. I spent my summers at the Adriatic sea, in the wintertime we went skiing to the Alps, we rode bikes around our big housing complexes and we watched Czechoslovakian cartoons. I felt carefree and safe all until the war and disintegration of Yugoslavia in the beginning of the 90’s.

Would you tell us the name of flower and its colour which blooms in your hometown?
There are many magnolia trees that blossom in light pink.

Do you have a place you can call spiritual home?
Yes, it’s Fazana, a small fishing town in Istria, where my parents have a summer house. My bedroom overlooks a palm tree on the town square, every morning seagulls wake me up. It’s a very calm place. Feels like time stopped 50 years ago.

What is the precious thing/ time in your daily life?
Coffee.

How would you spend time during a day off, and also a working day?
On a day off I would take a hike in nature, I would read a book from my 1 million books to read list, I would go to the movies or just spend a day in my pajamas eating cakes and listening to music. On a working day I go the office I share with my boyfriend, we run a small bike accessory company. We have an office in a former tobacco factory which is now a coworking space. We keep our doors closed when we are busy and open when we wish to interact with the interesting people who work there.

What is your favorite fashion style, and tell us about the favorite piece from your wardrobe?
Jeans, white shirt and cashmere crewneck sweater. My favorite piece is a beige silk blouse which belonged to my grandmother.

What is your favorite season in your hometown?
Spring.

Do you remember when you took a picture for the first time?
I remember taking photographs of my hamster all the time when I was 6 years old.

What would you try to catch when you are taking a photograph?
Certain emotion, sincerity, spontaneity, unpretentiousness, effortless beauty.

How did you start in fashion?
I don’t see myself as a fashion photographer and wouId not like to be perceived as one. Don’t get me wrong, I love fashion and enjoy doing fashion shoots but I don’t enjoy most editorials and fashion photography in general. I love fashion shots made by artists and not directed by big fashion brands. That’s why I really appreciate the way niuhans is working with different photographers who are allowed to express themselves and portray the pieces as they see fit. I think this has worked very well for the brand so far and adds a whole new dimension to the clothes themself.

What camera and film do you shoot with currently?
Contax T2 and Contax G2, I use Kodak Portra 160 or 400 and Ilford.

Do you have a favorite photo/art book?

What a film/ book/ music/ person/ thing inspires you now?
Bosnian traditional music called Sevdah, Wisława Szymborska’s poetry, Enzo Mari’s furniture…

What place did you shoot for niuhaus for Autumn&Winter 2015?
I shot Nena in park Tivoli in Ljubljana. It’s a big park in the center of the city where I take a walk at least once a week. I shot Klemen at the marsh on the outskirts of the city. That place is magic, the light there is really specific.

Would you tell us about how the shoot went?
Really cooI. I worked with people I know so it was really comfortable, we were just walking around and chatting while I was taking photographs.

If you don’t mind, tell us about the relationship between you and the model?
Nena is my good friend and one of the most darling, warm and good hearted people I ever met. Even though we are not able to see each other often due to our busy schedules I know we’ll be friends until the rest of our lives.

What is your impression about Japan?
What stood out to me and was really charming is the 90’s patina of Japan. The yellowed plastic, the brown tinted glass, they’re witnesses of once technologically very progressive society which couldn’t withstand the passing of time despite its best efforts.

If you had a month to travel, where would you like to visit?
I would go to Scandinavia and Iceland. I’ve never been there.

Lastly, is there any news you would like to announce?
Australian publisher Bloom publishing is going to publish my zine 『Pharos』 with photographs I took at the Croatian island Hvar. I am really excited about that. And I’m having a baby in May.


Journal_Ada_1

今どちらに居らっしゃいますか?
リュブリャナの自宅に居ます。日曜の夕方なんですが、家族と長い昼食をとって戻ったところで、来週の予定を立てています。

そちらは何時ですか?
午後の7時で、今日はこの冬一番の春らしい陽気でした。

窓からはどんな景色が見えますか?
ビルの4階に住んでいて、部屋の明かりをつけた小さな家屋が立ち並んでいるのが見下ろせます。暗いけれど、ピースフルで、静かな場所です。

今日の気分を例えるとしたらどんな色ですか?
ジャスミン色です。

子供の頃、育った環境について教えていただけますか?
私は、かつてユーゴスラビアの一部であった、スロベニアで生まれたんです。両親がクロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナの出身だったので、幼少期はこれらの社会主義国で過ごしました。大きな社会主義国で過ごした経験は、今でも素敵な思い出で、物質的にはそれほど満たされていませんでしたが、今よりも幸せを感じていたように思います。夏はアドリア海で過ごして、冬にはアルプスへスキーへ行きました。大きな集合住宅の回りを自転車で走ったり、チェコのアニメを見たりした平和な思い出も、90年代初頭に起きた戦争のせいでユーゴスラビアが崩壊してしまい、それまでの平穏な生活は一変してしまいました。

あなたの生まれ育った土地で咲く花の名前や色を教えて下さい。
マグノリアの木がたくさんあって、淡いピンク色の花を咲かせます。

あなたにとって、心の故郷的な場所はありますか?
ええ、クロアチアのイストリア半島にあるFazanaという小さな漁港の街です。両親の別荘があるんですが、私のベッドルームの窓からは、広場に植えられたヤシの木が望めて、毎朝カモメの鳴き声で目覚めることができるんです。50年間時が止まっているような感じがするほど、とても静かな所なんです。

私生活で大切にしている事や時間は何ですか?
コーヒーの時間です。

普段の生活と休日の過ごし方を教えて下さい。
まる1日休みがとれた日は、自然の中を歩いたり、本を読んだり、映画を見に行くこともあるけれど、1日中パジャマで過ごして、ケーキを食べたり、音楽を聴いて過ごすこともあります。仕事の日は、オフィスへ出かけて、小さな自転車の付属品を扱う会社をボーイフレンドと運営しています。本当に忙しい時はドアを閉め切って働くけれど、そうでない時はドアは開け放って、シェアオフィスの仲間と交流して、彼らからも刺激を受けています。

好きなファッションスタイルやお気に入りの1着を教えて下さい。
ジーンズや、白シャツにクルーネックのカシミヤセーターのスタイルが好きです。祖母から譲り受けたベージュのシルクブラウスが気に入っています。

好きな季節はいつですか?
春です。

初めて写真を撮った時のことを覚えていますか?
6歳の時に飼っていたハムスターを写真に撮ったのを覚えています。

写真を撮る時に心掛けていることを教えて下さい。
はっきりとした感情、偽りのないことや、さり気なさ、自然な美しさを捉える事を心がけています。

ファッション業界でお仕事を始めることになったきっかけを教えて下さい。
自分の事をファッションフォトグラファーだと思っていなくて、そう見られたいとも思っていないんですが、誤解のないように、ファッションは好きですし、撮影も楽しんでいます。ただ、一般的な意味でのファッション写真を好んでいないんです。アーチストによって撮影されたファッション写真や、大手ブランドのための撮影でないものが好きです。だから、ニュアンスの行っている、様々なフォトグラファーに各々の視点で服を描写させるやり方に共感したんです。このビジュアル表現はよくできていて、ニュアンスの服全体に立体感を持たせていると思います。

使用しているカメラやフィルムを教えて下さい。
カメラはContax T2とContax G2、フィルムはKodak Portra 160か400、紙はIlfordを使っています。

好きな写真集を教えていただけますか?
Thomas Ruffの「JPEGS」です。

現在インスピレーションを受けている映画/本/人物/事物を教えて下さい。
Sevdahというボスニアの伝統音楽、Wisława Szymborskaの詩、Enzo Mariの家具です。

Journal_Ada_4A

niuhansの2015年秋冬コレクションの撮影はどこで行いましたか?
Nenaとは、リュブリャナのティヴォリ公園で撮影しました。街の中心にある大きな公園で、週に一度は散歩しています。Klemenとは、郊外の沼地で撮影しました。魔法のような場所で、光の入り方が本当に独特なんです。

撮影でのエピソードを教えて下さい。
撮影は凄く上手くいきました。知人と実施したので、一緒に歩き回ったり、雑談したりしながら自然に行うことができました。

モデルとの関係について教えて下さい。
モデルを受けてくれたNenaは大親友です。今まで私が出会った人の中で最も温厚で気だての良い人なんです。今はお互い忙しくてなかなか会う機会がないけれど、これからも良い友だちでいると思います。

日本の印象について教えていただけますか?
一度は最高の努力で得られた技術革新の社会であるにもかかわらず、時の流れに耐えることができなかった90年代の青錆のようなものは本当に魅力的だと思います。

もしも1ヶ月の休暇がとれたとしたら、どこへ旅に行きたいですか?
今まで一度も訪れた事が無いので、スカンジナビアとアイスランドへ行きたいです。

最後に何かニュースや告知があれば教えて下さい。
オーストラリアのBloomという出版社から、『Pharos』というzinを出版します。Hvarというクロアチアの島で撮影したものを収めていて、とても楽しみにしています。 それと、5月には赤ちゃんを出産する予定です。

Journal_Ada_3

Ada Hamza / アダ・ハムザ
1984年生まれ。スロベニア・リュブリャナを拠点に活動する写真家。 近年、オーストラリア・メルボルン拠点のインディペンデントパブリッシングレーベル『Bloom』から、作品集『Pharos』を出版。またスロベニアのレザー工房にて上質なレザーとクライミングロープのみを使用したバックパックレーベルを立ち上げるなど、写真以外のフィールドでも精力的に活動する。

March 01, 2016 

EXCLUSIVE INTERVIEW WITH OLA RINDAL

OLA_Journal_2

What time is it now, and where are you right now?
It is 11.23. I’m in the airport of Stockholm, Sweden on my way back home to Paris.

What the view from the window?
My views are the planes on a snowy runway of the airport.

What colour would you choose for your mood of today?
My mood is white as snow and fog.

Would you tell us about the environment where you were raised?
I grew up on a farm in Fåvang, Norway. It is situated in a valley with a river an mountains on each side. It was a lot about nature ( I used to go fishing a lot) but also about the life on the farm. We had cows for milk production. I was obsessed by birds, and would study them in the garden and the forests near by.

Would you tell us the name of flower or its colour which blooms in your hometown?
Yellow flowers comes to mind….

Do you have a place you can call spiritual home?
I guess my spiritual home is the place were I grew up. I feel like the nature, and the river is still a big part of me.

What is your favorite season?
I would say early spring is my favorite. Right before the leaves comes out, and life starts over again.

When did you move to Paris? and what was the motive of living in Paris?
I moved to Paris in 2011. I came to Paris to learn more about a different culture and language, and I still feel that it is a place where I learn a lot. It has a lot of culture.

Do you have a favorite place in Paris?
I’m not sure that I have a favorite place in Paris, but I love to sit in the cafes to look at people. Many neighbourhoods are nice in different ways.

How would you spend time during a day off, and also a working day?
I spend a lot of time with my family,( my two kids and my wife) but working with pictures is also a big part of my life and the pictures are always in my mind. I go to the studio every morning, like it was a regular job, and I spend the evenings weekends and holidays with my family.

What is your favorite fashion style, and tell us about the favorite piece from your wardrobe?
I love a good wool sweater. My mom used to knit classical Norwegian sweaters for me and my sisters, and I still use them as soon as it gets a bit cold outside.

Do you remember when you took a picture for the first time?
The first picture that I remember taking was a landscape with my parents Kodak instamatic camera. I still have the photo somewhere.

What would you try to catch when you are taking a photograph?
I think I try to capture some sort of vibration, a feeling, or an essence of a moment, but I like it to look effortless.

How did you start in fashion?
I started to do some fashion after seeing magazines like ID and Purple in the 90s. I was so different, and I felt like it was something that I could relate to. After a while I got in contact with Purple magazine, and that is how it started.

What camera and film do you shoot with currently?
I still use my old Nikon a lot, an FE2 (with portra film) , but I also use more and more a Canon 5D.

Do you have a favorite photo book?
There are so many nice photobooks, but I can’t think of a favorite one. The last one I bought was the new book by Anders Edström. It is very nice.

What a film/ book/ music/ person/ thing inspires you now?
I think inspiration come from everywhere and everything, but I listen to a lot to Norwegian jazz these days. Bugge Wesseltoft, Arve Henrikesn, Håkon Kornstad, Nils Økland…

Would you tell us how the niuhaus’ shoot for Spring/Summer 2015 went, and what the relationship between you and the models?
It was an nice and warm day, and we had some friends over for lunch. We were hanging out niuhans’s clothes in front of the place where I live, and I asked them to help me to do the pictures for Niuhaus. I was just realxed and easy going. Kind of just playing around. Madoka in my wife, and Somanad is a good friend that we see a lot.

What is your impression about Japan?
As my wife is Japanese, Japan has become a very important country for me, a kind of second home. I love to be there, and i always felt in place and at home in Japan.

If you had a month to travel, where would you like to visit?
If I had a month of traval maybe I would walk a pilgrim rout in Japan. To me it sounds like a dream.


OLA_Journal_1

今何時ですか、どこに居ますか?
11時23分です。 ストックホルムの空港に居ます。スウェーデンからパリへ戻るところなんです。

窓からはどんな景色が見えますか?
雪の降り積もった滑走路に止まっている飛行機が見えます。

今日の気分を色で表すとしたら何色ですか?
雪や霧のような白です。

子供の頃育った環境について教えていただけますか?
ノルウェーのFåvangという田舎町で育ちました。よく釣りに行ったり、庭や近くの森で野鳥を観察したりしました。山の中には川が流れる渓谷があって、大自然に囲まれた環境でした。家では酪農のために牛を飼っていて、文字通りの田舎生活でした。

あなたの生まれ育った土地で咲く花の名前や色を教えて下さい。
名前は分からないんですけど、黄色い花です。

あなたにとって、心の故郷的な場所はありますか?
子供の頃に育った場所ですね、緑や川といった自然は、私にとって常に偉大な存在なんです。

好きな季節を教えて下さい。
再生を感じるような、若葉が生え始める直前、早春が好きです。

パリに住み始めたのはいつ頃ですか?パリを選んだ動機について教えて下さい。
2011年にパリへ移りました。異文化や語学を学ぶため、パリを選びました。異なる文化が混じり合う街なので、今でも多くの事を学んでいます。

パリで好きな場所はありますか?
特別好きな場所があるわけじゃないんですが、カフェに座って、行き交う人々の様子を眺めているのが好きです。

普段の生活や休日の過ごし方について教えていただけますか?
家族(妻と2人の子供)と過ごす時間が多いですが、同じように仕事の時間も大切にしていて、常に写真のことを考えています。平日は毎朝スタジオへ行きますが、それ以外の時間は家族と過ごします。

好きなファッションスタイルやお気に入りの1着を教えて下さい。
上質なウールのセーターが好きです。昔、母が子供たちに編んでくれた伝統的なノルウェー・セーターがあるんですが、今でも寒くなると着ています。

初めて写真を撮った時の事を覚えていますか?
両親の持っていたkodakのインスタマチック・カメラで、風景写真を撮ったのが初めてだったと思います。今でもその写真を持っています。

写真を撮る時に心がけていることはありますか?
ある種の波動というか、瞬間や感覚のようなものを捉えようとしているんだと思いますが、そう見えないように撮るのが好きです。

ファッション写真を撮り始めたきっかけについて教えて下さい。
90年代にiDPurpleといった雑誌を見るようになって、自分もファッション写真に関われるかもと思い始めました。それから暫くして、Purpleと連絡をとったことがきっかけで、ファッション写真の仕事を始めるようになったんです。

使用しているカメラを教えて下さい。
今でも古いNikonFE2をポートラフィルムで使いますが、最近はCanon5Dを使うことの方が増えました。

好きな写真集を教えていただけますか?
良い写真集が多過ぎて、とても1つには絞れませんが、つい最近Anders Edströmの新しい写真集を購入しました。素晴らしいですよ。

現在インスピレーションを受けている映画、本、音楽、事物について教えて下さい。
あらゆる場所や物事からインスピレーションを受けていますが、Bugge Wesseltoft、Arve Henrikesn,、Håkon Kornstad,、Nils Øklandといったノルウェー・ジャズを最近よく聴いています。

ニュアンス(2015年春夏コレクション)の撮影でのエピソードやモデルとの関係について教えて下さい。
友人を招いてランチをした暖かくて良い一日でした。妻や友人に手伝ってもらって、自宅の前にニュアンスの服を掛けて遊んだり、リラックスした雰囲気で撮影あうることができました。Madokaは私の妻で、Somanadは私たちよく会う仲の良い友人です。

日本の印象について教えて下さい。
妻が日本人なので、日本は私にとっても重要な国になりました。第二の故郷といった感じで、訪れるのも好きですし、毎回帰省したような感じがします。

もしも1ヶ月の休暇がとれたとしたら、どこへ旅に行きたいですか?
日本で巡礼の旅をしたいです。憧れなんです。

OLA_Journal

Ola Rindal / オラ・リンダル
1971年、ノルウェー生まれ。パリを拠点に活動する写真家。 『Dazed and Confused』『Vogue』『Purple Fashion』『Acne Paper』『Apartamento』等、数多くのエディトリアルで撮影を手掛ける一方、『Louis Vuitton』や『Maison Martin Margiela』等のキャンペーンやカタログなどでも活躍。主な作品集『Tokyo Flowers』(2014)『Distance』(2014)『Blindness』(2013)『Clair de nuit』(2012)

www.olarindal.com


Tweet this | Share on Facebook | Share on Tumblr
February 24, 2016 

EXCLUSIVE INTERVIEW WITH KRYSTA JABCZENSKI

niuhans_16SS_image_journal_1

What time is it now?
It’s 8:19 on a Saturday morning. Breakfast time, complete with coffee and peanut butter toast. My husband is sitting across from me working on his computer as well and my two-year-old daughter is running around the house like a wild woman yelling “ELEPHANTS!” which are her current obsession.

Where do you live?
I live in Tucson, Arizona. After spending several years in California, I decided to move back to Tucson. While I was growing up here I thought it was boring to live in an area that was so underdeveloped and behind on technology. I wanted to be around more job opportunities, stores, and what I thought was culture. But, now I appreciate the slower desert culture. I crave time spent in the middle of nowhere and I think the land is divinely unique.

What the view from the window?
Directly outside my window and across the street from our house is where a famous mariachi player grew up, Lalo Guererro. Next to that are two giant, abandoned adobe homes. If you’ve seen my Instagram(https://www.instagram.com/krystajab_/ ), you’ll notice I take photos of those homes all the time. I can’t help it! Their patina is so gorgeous.
Our neighborhood is one of the oldest developments in the Southwest. It feels like it does’t really belong to any time period at all and it’s just sort of a timeless zone. Most of the homes are mud adobes. Our house used to be a market, there’s still a painted sign on the exterior that says, “Root Beer 5 cents.”

Where were you born?
Albuquerque, New Mexico

Would you tell us about the environment where you were raised?
I’ve always been a desert girl. When I think of my childhood, I think of waking up early in the summer for swim practice and staying at the pool all day because it was just too hot to do anything else. During the rest of the year we spent a lot of time outside, catching lizards, roller blading, riding bikes. My dad put up a basketball hoop for us, but it was surrounded by cactus so, if a ball was thrown out of bounds it likely wound up flat and with cactus stickers all over it. Often, the basketballs got stuck deep inside a maze of prickly pear and it wasn’t worth it to get it back. I call my parents front yard the Basketball Graveyard now.

Do you have a place you can call spiritual home?
Tucson and the surrounding Sonoran Desert. It’s where I’ve physically spent the most time in my life and I feel psychologically connected it. In the spring and winter it’s sunny but cool and crisp so, I feel energetic and productive. When the temperature starts to creep about 100 degrees, we spend less time outdoors. I become introverted, unmotivated, it’s a time that feels like its never going to end. In mid-july big rainclouds start to conjure and frustrate in the sky. They tease of rain for a couple weeks and then all at once they finally pour and the monsoon season starts. There’s incredible lightning and thunder shows. The dry dusty streets become small rivers. Cacti swell fat and happy. I become alive again, more alive than before. I hate the summers here but I love feeling connected to the gifts and hardships of the land.

Tell us the name of flower and it’s colour which blooms in your hometown.
There are many flowers here, contrary to what people often assume about the desert. In the spring cacti have very elaborate flowers, there are valleys of orange poppies on the desert floor. But my favorite may be the Palo Verde tree. It has green branches and bright yellow flowers. It looks sort of psychedelic when it’s in bloom, like something out of a Dr. Suess book.

How would you spend time during a day off, and also a working day?
Every day I work and everyday I find time to relax. While photography is a skill that plays into a lot of what I do, my work life isn’t limited by that title. We own and manage two vacation rental apartments, we are opening a small neighborhood coffee shop, and are also in the process of curating an online store that will segue into a brick and mortar store next year. Our constant juggle can feel chaotic but at least it’s not stagnant. I keep my focus by prioritizing time to run, which helps me think straight. At night, I relax by cooking my family a healthy dinner, after my daughter goes to sleep I go to a yoga class and then take a long hot bath. My evening ritual helps me feel refreshed for the next day and sends me into a deep sleep.

What is the precious thing/ time in your daily life?
Trail Running. When I’m out in the desert alone for miles and miles, I can find a cadence and rhythm in my breath and step. I use every single muscle in my body and I can actively meditate without distractions of everyday life. It’s clarifying and invigorating.

What is your favorite fashion style, and tell us about the favorite piece from your wardrobe?
I love clothes that look better the longer you wear it. Clothes that are so well made and so timeless that you can wear it for years and years and years, until one day it just becomes an extension of you. My husband has owned this red backpack ever since I’ve known him. He rides his bike everywhere in Tucson and always has it on. You can see it in many photos I’ve taken of him, many published photos too! He’s really inflicted his energy into that dang backpack. If it ever got to the point where it was totally unusable, I could never throw it away.
I also love clothing made out of natural materials like hemp, cotton, leather, wool, linen. I almost always wear handmade leather sandals or boots from mexico. I have an affinity for hand knit wool socks, and chunky sweaters. I love naturally dyed t-shirts. I think their character wears more nicely, they’re usually made with integrity and generally have a the most beautiful texture.

What is your favorite season?
Definitely the spring. I’m a like a bee drunk off of the desert flora. I cannot stop taking photos in the spring. I love to take a road trip into eastern texas and drive through flower fields and swim in natural pools. I love, love, LOVE, going for trail runs in the spring.

Do you remember when you took a picture for the first time?
We always used disposable cameras growing up. I my friends and I used to dress up and take “fashion photos” just for fun. Haha, I was probably 11 then. When I was 16 I learned how to use a manual camera and develop my own film. I distinctly remember the first photo I printed and watching the latent image appear, I remember that adrenaline rush. I still get it when I take a photo and know it’s going to be good.

How did you take an opportunity to start as a professional photographer?
After a year or two of experimenting with photography in high school, I won an international photography contest for best black and white portfolio. It was the only hobby I was passionate about that could earn me a living so, I dived in head first and attended Brooks Institute of Photography for college in Santa Barbara, CA. From then on photography has always played a part in whatever job I’ve had. And I’ve always felt the need to photograph life for my personal portfolio.

What would you try to catch when you are taking a photograph?
Documentation of a fleeting, inexplicable force is interacting with the environment in a beautiful way. I like to call it Supernatural Norms- it could be a spirit, a gust of wind, the form of a plant, a glimmer of light, that creates momentum in the frame and aligns all the moving parts to have just the right rhythm. It’s a mundane scene that feels alive and like you are exactly where you should be during that 1/125 of a second. The power of photography is to realize when you’re seeing art and to preserve it.

What camera do you shoot with currently?
Different cameras for different reasons. I only shoot digitally when it’s for video or a very commercial style project. I When I shoot fashion or for myself I still use the Pentax K1000 I had in high school. I believe in film because I make sure I take the right photo rather then take a million digital shots. I own large format cameras, but found that I shoot so quickly and spontaneously and I need my camera to be small so I can easily bring it everywhere I go. I also don’t like to draw too much attention to myself when shooting. People get intimidated by large cameras. Sally Mann is truly a goddess for using an 8×10.

Do you have a favorite photo book?
The easiest answer is, no. But I would love to delve into a copy of Joel Meyerowitz’s Wildflowers one of these days.

What a film/ book/ music/ person/ thing inspires you now?
Graciela Iturbide, The Quilts of Gee’s Bend, Georgia O’keefe’s homestead, Bobbi Gibb, southwestern herbalism, Brian Eno, Ballet.

Where did you shoot for Niuhans Spring&Summer 2016?
In Topanga Canyon, California. I happened to be there, taking a break from the desert heat when I was asked to shoot for Nuihans.

Would you tell us about how the shoot went?
So fun. The model and I are great friends. We cruised around Topanga and found that giant cactus. Then we drove down the coast and found an incredible plant store, which is where most of the pink shots were taken. I shot it all with daughter, who was one year old at the time, strapped on my back in a baby backpack- which is how a lot of my work gets done now.

If you don’t mind, tell us about the relationship between you and the model?
My dear dear, Kat Borchart. We met at our first day of school at Brooks Institute of Photography and have been glued together ever since. She spends much more time behind the lens rather then in front of it and is an incredibly talented photographer. Even though we currently live in different cities, we’re in touch a couple times a week, we call each other if we’re stuck in traffic or have any sort of dilemma.

What is your impression about Japan?
That is a great question. I think about Japan a lot but have never been. I think I would really enjoy some country sides of Japan but, Tokyo sounds way too overwhelming! When I think about Japans smaller cities, I image a very wabi- sabi approach to life. I imagine feeling healthy, drinking teas and eating sushi (my favorite meal, that isn’t so great here in Tucson). I imagine an appreciation for simplicity rather then a grandiose lifestyle and that makes me feel a wonderful sense of calm. I also love the idea of Japanse bath houses. I wish my own bathroom was inspired by a Japanese bath house. I’d love to visit.

If you had a month to travel, where would you like to visit?
The islands of Greece.

Lastly, is there any news you would like to announce?
I photographed a book last year and it was just released! It’s called A Wilder Life, it’s a season-by-seaon guide to getting in touch with nature.


niuhans_16SS_image_journal_2

そちらは今何時ですか?
土曜の8時19分です。ピーナッツバターのトーストとコーヒーで朝食を済ませたところで、向かいに座った夫も同じようにパソコンで仕事をしています。2歳の娘は最近、象に夢中みたいで、まるで野生児のように「ゾウ!」と叫びながら家中を走り回っています。

どこに住んでいますか?
アリゾナ州のツーソンに住んでいます。以前はカルフォルニア州に住んでいましたが、数年前にツーソンへ戻ってきました。子供の頃は、なんて退屈で遅れた街なんだろうと思っていたけれど、今はこの砂漠の文化特有の良さが分かります。人里離れた場所で過ごす時間も尊いですし、神秘的でユニークな土地だと思います。

窓からはどんな景色が見えますか?
家の向かいは、有名なマリアッチ奏者のラロ・ゲレーロが育った場所なんです。その隣には、2軒の空き家になったアドビハウスが建っていて、古びた壁の色が凄くかっこいいから、いつもその家の写真を撮っています。私のインスタグラム(https://www.instagram.com/krystajab_/ )を見れば、何のことだか分かるはずです。
この辺りは、いかなる時代にも属していないっていう感じで、ある意味タイムレスな場所だと思うんです。お隣さんなんて、南西部で最も遅れてる人の1人って言ってもいいくらいなんです。この辺の多くは、土でできてるアドビハウスで、我が家は嘗てお店だったんです。今だに「ビール 5セント」っていう文字が壁に残っているんです。

生まれたのはどこですか?
ニューメキシコ州のアルバカーキです。

子供の頃育った環境について教えてください。
私はいつでも「desert girl」なんです。夏は朝早く起きて、暑過ぎて他に出来ることがなかったから、水泳とか、一日中プールに居たりしてました。夏以外は屋外で、トカゲを捕まえたり、ローラーブレードをしたり、自転車に乗っていました。ある時、父がバスケットリングを取り付けてくれたんだけど、そこら中にサボテンが生えていたから、ボールをバウンドしてもペチャンコになっちゃって、サボテンのトゲだらけになったり、しょっちゅうウチワサボテンの迷宮に入って、取り戻せなくなりました 。今では実家の庭のことをバスケットボールの墓場って呼んでいます。

あなたにとって、心の故郷的な場所はありますか?
ツーソンと辺りに広がるソノラ砂漠です。実際に人生で最も過ごした場所で、精神的にも繋がりを感じる場所なんです。春と冬は、よく晴れ、寒くて、清々しいので、エネルギーに満ち溢れます。逆に気温が100度近くなると、外出せずに、内向的で、やる気もなくなっちゃって、このまま一生暑いんじゃないか?っていう気になるんです。7月の半ばには、雨雲が唸り始めて、空を破壊して、数週間は雨の涙を流すんです。それから一気にモンスーンが始まって、 物凄い雷が落ちて、乾燥した埃っぽい道が小川に変わります。サボテンが大きく育って、ハッピーになるので、また生き返ったみたいに暮らすことができるんです。ここの夏は苦手だけど、大地の恵みを感じられるのは本当に素晴らしいです。

生まれ育った場所で咲く花の名前と色を教えて下さい。
皆がよく砂漠について想像するのとは真逆で、春になるとサボテンの花が満開になって、オレンジ色のポピーが広がる渓谷があるんです。でも私が好きなのは、パロヴェルデという木で、緑色の枝に、明るい黄色の花が咲いて、ドクター・スース(アメリカの絵本作家)の本に出てきそうな感じで、サイケデリックなんです。

普段の生活と休日の過ごし方を教えて下さい。
毎日仕事をしますが、合間でリラックスする時間を見つけます。写真は全ての行いに役立つものだから、写真家っていう肩書きに縛られてはいないんです。私たちは、宿泊用のアパートメントや小さなコーヒーショップも経営していますし、来年は、レンガやモルタルを扱うオンラインストアも運営する予定でいます。あれこれこなしていると、まるでカオスのようだけど、まぁ上手くやっています。夜は家族のためにヘルシーな食事を作って、娘が寝た後はヨガのレッスンに通ってから、暖かいお風呂にゆっくり入るんです。この習慣で深い眠りに就いて、翌朝リフレッシュできるんです。

私生活で大切にしている事や時間はありますか?
トレイルランニングです。独りで砂漠を何マイルも走ります。走っていると次第に、足と息使いがリズムのようになっていくのがわかります。全身を使うことで、日々の慌ただしさも忘れて、瞑想のようになっていきます。頭がスッキリして、元気になるんです。

好きなファッションスタイルについてを教えて下さい。
仕立てが良くて、何年も着れるようなタイムレスな服が好きです。自分の分身になってしまうような、着れば着るほど味が出るような服です。たとえば主人は、知り合った時からバイクに乗る時はいつも同じリュックをいつも持っていて、リュックに魂が宿ってるみたいなんです。だからもし壊れても、捨てることはできないでしょうね。今まで何度も撮影で、リュックを持った彼の姿を撮ってるので、よかったら見てみて下さい。それとヘンプやコットン、レザーやウール、リネンといった天然素材の服も好きです。メキシコ製のハンドメイドのレザーサンダルとブーツをいつも履いています。手編みのソックスやざっくりしたセーターも好きですし、草木染めのTシャツも丁寧に染められていて、手触りが美しいので大好きです。

好きな季節を教えて下さい。
絶対に春です。砂漠の花の蜜を吸う蜂みたいに、春になると写真をずっと撮ってるんです。テキサス州の東部を車で旅するのも好きで、お花畑の中をドライブしたり、池で泳ぐんです。春のトレイルランニングも最高なんですよ。

初めて写真を撮った時のことは覚えていますか?
11歳の頃だったかな、いつも使い捨てのカメラを使っていて、友だちと一緒にファッションフォトごっこをしていました。16歳の時にマニュアルカメラも勉強して、自分で現像もできるようになりました。初めてプリントした写真は、今でも鮮明に覚えています。イメージが浮かび上がってきた時、アドレナリンが急に出てきたのを思い出します。それは今でも同じで、撮影している時点でいい写真が撮れたって分かるんです。

写真家になったきっかけを教えて下さい。
高校で1、2年写真の勉強をした後、モノクロ写真の国際コンテストで優勝したんです。写真は生計を立てることのできて、唯一打ち込める趣味だったので、カルフォルニア州のサンタバーバラにあるブルックス写真大学へ進学して、写真に没頭しました。それからは、どんな事をしていても写真が役に立って、作品作りのためには、人生を撮り続けなければならないと感じています。

写真を撮る時に心掛けていることはありますか?
消えゆくものを記録することです。環境と説明のつかない力が、互いに美しく混ざり合うとき、私はそれを「超自然な普通」って呼んでいますが、霊とか突風、植物の形や、フレームの中で動くものが全て同じテンポで重なり合うときに織り成す微かな光のようなもののことなんです。1/125秒間で最も正しい位置だと実感できるありふれた景色のこととも言えます。美しいものを見て、捉える瞬間に気づくことが、写真の醍醐味なんです。

普段使っているカメラを教えて下さい。
目的に応じて使い分けています。動画や凄く商業的な仕事の撮影では、デジタルカメラを使いますが、ファッションフォトや自分の作品では、高校の時からずっと使っているPentax K1000を使っています。デジタルカメラで何万回も撮るより、フィルムの方が、良い写真が撮れると思っています。大きなカメラも持っていますが、いつでもどこでも、撮りたい時にすぐ撮れるコンパクトなサイズのカメラが使い易いですし、カメラの方に人の意識を向けるのも好きじゃないんです。大きいカメラって驚いちゃうでしょう。だけど、サリー・マン(アメリカの写真家)は、8×10(エイトバイテン)の神様だと思います。

好きな写真集はありますか?
特にはないけれど、最近はジョエル・マイロウィッツの「Wildflowers」を眺めて研究するのが好きです。

今インスピレーションを受けている映画/本/人物/事物などを教えて下さい。
グラシエラ・イトゥルビデ、ギーズベンドのキルト、ジョージア・オキーフの屋敷、ボビイ・ギブ、南西のハーバリズム、ブライアン・イーノ、バレエです。

ニュアンスの2016年春夏コレクションの撮影はどこで行いましたか?
カリフォルニア州のトパンガ・キャニオンです。撮影の依頼を受けた時、そこでちょうど休暇をとっていたんです。

撮影の裏側を教えて下さい。
とても楽しかったです。モデルと私は親友で、皆でトッパンガ中を歩き回って、巨大なサボテンを見つけたりしました。車で海岸を走っていた時に、素敵な植物店を見つけて、ピンク色の写真はほとんどそこで撮りました。あの時1歳だった娘を背中におんぶして撮影しました。仕事をする時はいつもそうなんです。モデルをしてくれた彼女は大学からの大親友のカート・ボーチャート、彼女はとても才能ある写真家なんです。今ではお互い別々の街に住んでいるけれど、行詰まった時や渋滞に巻き込まれた時はいつも連絡を取り合ってます。

日本の印象について聞かせて下さい。
良い質問だわ。日本についてよく考えるけれど、一度も行ったことがないんです。日本の田舎町は楽しめそうだけど、東京は圧倒されてしまうでしょうね!日本の小さな街には、侘び寂びを感じます。ヘルシー思考で、日本茶を飲んでいて、(私の大好きな)お寿司を食べているイメージです。シンプルなライフスタイルを重んじているようにも思われて、静けさも感じます。銭湯があるのもいいですね、我が家の浴室も銭湯のようだったら良いのになと思うほどです。いつか日本を訪れたいです。

もし1ヶ月間旅ができるとしたら、どこへ行きたいですか?
ギリシャの島々を旅してみたいです。

最後に何かニュースや告知があれば教えて下さい。
「A Wilder Life」という、季節ごとに植物を撮り下ろした写真集を発表したところです!

Krysta_Journal

Krysta Jabczenski / クリスタ・ヤブゼンスキー
1986年、アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキ生まれ。現在はアリゾナ州ツーソンを拠点に活動する写真家。 おもなクライアントに『Wilder Quarterly』『Free People』『Gather Journal』『Edible Baja Arizona』『Stella Artois』『Zocalo Magazine』『Seasons Magazine』『Tucson Lifestyle』『Of The Afternoon』 『Cairo』『Prism』『Hotel Congress』『Maynard’s』『This is Paper』等がある。 またウェブマガジン『Miss Moss』や『Free People』にて作品を公開。





Tweet this | Share on Facebook | Share on Tumblr
February 01, 2016 

EXCLUSIVE INTERVIEW WITH MARCELO GOMES

Journal_Marcelo

“It’s 1:31pm, I just got back from lunch with a good friend. I’m at my studio space on Lafayette street, in downtown New York City. The window faces Grand Street and I see a lot of water falling from all the building around here.  We had the 2nd largest snowstorm in the history of this city and the weather today is lovely and warm and all the snow is melting rapidly.”
We received the answers back from Marcelo Gomes at 4:07am in Tokyo, it was just before the sun rose in the most silent frozen moment.

Where do you live?
I live in Boerum Hill, in Brooklyn.  On Pacific Street.  I just got back from a job in Mexico City.

Where were you born?
I was born in Belém, Brazil.  It’s a small town near the Amazon, it rains there everyday.  I didn’t grow up there so my memories are sparse.  I remember my grandmother’s small rose garden and this lush smell of rain coming.

Perhaps would you tell us about the environment where you were raised in your teen years?
I grew up in Fortaleza, Brazil.  It is a beach town in the northeastern part of Brazil, it’s really close to the Equator line and because of this the seasons are not clear — it’s summer all year around.  I remember feeling that time didn’t seem to pass (I suppose that’s a common feeling among teenagers living in quiet places) because of the fact that the variation of the time the sun would set in winter vs. summer was something like 20 minutes.

Tell us the name of a flower which blooms in your hometown, and its colour.
It’s called the Victoria Régia (Victoria Amazonica), and it’s mostly white.  Though there are other colors.  It’s really extraordinary.

What is your favorite season?
Summer, always.  If I could I’d chase it around the globe every year.

Do you have a places you can call a spiritual home?
It’s going to sound very strange, I’m sure, but I think the only place I can call home is New York City.  It’s not very spiritual, I understand, but it’s the only place where I feel like I can call home (in any sort of way).

What is the most precious thing/ time in your daily life?
Exercise became a really important thing for me.  I finally figured out a way that I’m going to exercise for the rest of my life, and I really enjoy it.  It helps me clear my head, and come up with new ideas, softens sadness, bring me joy.  It’s a big part of my daily life.

How would you spend time during a day off, and also a working day?
I’ve been a freelance artist for a little while now and because of it weekends blend into the week and my routine doesn’t change much.  Sometimes I stop by the studio on a Saturday after exercise to work on something personal, or get through scanning some film from a recent trip, or just get a headstart on a busy week.

What is your favorite fashion style, and the favorite piece in your wardrobe?
I don’t know if I have a fashion style.  I don’t think I necessarily like fashion (the idea that there are ‘trends’, and people dressing the same, etc…), but I do really enjoy clothes, nice fabrics, etc…  I finally got a winter suit, and I really love it.  It’s a navy blue herringbone wool suit.  I wear all the time.

How did you start as a professional photographer?
I realized that I wanted to do it whilst working at Index Magazine.  It was there that I found out about all my favorite photographers at the time —  Wolfgang Tillmans, and Mark Borthwick, and Takashi Homma.

What do you try to catch when you are taking a photograph?
I want to make pictures look like paintings.  And I want it to have a particular texture and movement and honesty.

What camera do you shoot with currently?
I shoot with a pair of Leica M6 cameras.

Do you have a favorite photo/art book?
I don’t think I have favorites but I really love the Ettore Sottsass book of photographs called ‘Metaphors’, and recently I got (I don’t buy a lot of art books anymore, I buy books with words in them more often) Yuichi Yokoyama’s ‘Ourselves’, which I think is just beautiful.

Where did you shoot for Niuhans Spring&Summer 2012?
That was such a great assignment.  Daisuke (Designer of Niuhans) had asked me to shoot for colour, and he ended up dyeing some clothes in the collection according to the particular magenta mix of colour that were in the pictures I gave him.  I shot those flowers pictures in Brazil, and I shot a friend, Florencia, here in New York.  I’m still very proud of those pictures.

Tell us about the relationship between you and the model, Florencia?
Florencia is a friend, someone who I think is really beautiful.

What is your impression about Japan?
Japan makes me feel like I’ll never truly understand it, and this feeling makes me want to come back more and more.
I’ve done a lot of growing up whilst visiting Japan.  It’s a quiet, meditative time for me.

If you had a month to travel, where would you like to visit?
I’ve never been to Turkey and would love to go.  I’d like to go on vacation to the Seychelles.

Lastly, is there any news you would like to announce?
I’m coming to Tokyo soon.  I have my first solo show there mid February.  I’ll send you the precise date soon.



Jounarl_Marcelo_1

「午後の1時31分、仲の良い友人と昼食をとって、ちょうど戻ったところ。ニューヨーク、ダウンタウンのラファイエット通りにあるスタジオにいて、グランド通りに面した窓からは、この辺りのビルからたくさんの水が零れ落ちているのが見える。ニューヨークでは、史上2番目の大雪が降ったけれど、今日は暖かくて、天気がいい。それに全ての雪が瞬時に溶けている。」
東京にいる私たちがマルセロ・ゴメスから返答を得たのは、明け方前の最も静かで冷え切った午前4時7分のことだった。

どこに住んでいますか?
ブルックリン、パシフィック通りのボエラムヒルに住んでます。
ちょうど仕事でメキシコシティから戻った来たところなんだ。

どこで生まれましたか?
ブラジルにあるベレンというアマゾンに近い小さな町で生まれました。そこは、毎日のように雨ばかり降ってました。でも、私はそこで育ったわけではないんだよ。記憶はまばらだけれど、祖母の小さな薔薇園と、雨の降り始める時のあのみずみずしい匂いは今でも覚えているよ。

もし宜しければ、幼少期や10代の時に育った環境について教えて下さい。
ブラジル北部にある浜辺の街フォルタレザで育ちました。そこは赤道に非常に近く季節や時間がはっきりしない所だったので、時間の経過をあまり感じたことがないのは覚えているね。(静かな場所で青年期を過ごした子たちにとっては、よくある感覚だと思うけれど。)実際に、時間には様々な種類があったからね。陽が冬に沈むのに対して、夏なんて20分くらいだったからね。

あなたの生まれ育った場所で咲く花の名前と色を教えて下さい。
オオオニバスという花です。 多くの種類は白ですが、他にも様々な種類の色もあります。でも、本当にびっくりするような花ですよ。

好きな季節はありますか?
いつでも夏が好きです。もしできたら、世界中で夏を追い掛け回わすことでしょう。

あなたにとって、心の故郷的な場所はありますか?
凄く変に聞こえると思うけれど、私にとっての故郷はニューヨークかな。凄く精神的なものというわけではないけれど、あらゆる理由で故郷と呼べる唯一の場所です。

私生活で大切にしている事や時間はありますか?
エクササイズすることが私にとって、とても重要になりました。遂には、残りの人生のために、エクササイズの仕方を見つけて、とても楽しんでいます。エクササイズをすれば、頭が冴えて、新しいアイデアが浮かぶし、悲しみを和らげ、喜びを与えてくれます。エクササイズは、生活の大半を占めています。

普段の生活と休日の過ごし方を教えて下さい。
フリーランスのアーティストをしばらくしているので、週末も平日に混ざり合っていて、日常の境がそんなにありません。ある日の土曜日、エクササイズの後にスタジオを訪れて、自分の作品を作る時もあれば、最近の旅で撮りためたフィルムをスキャンし終えたり、或いはただ忙しい1週間がスタートしたりします。

好きなファッションスタイルと、お気に入りの1着を教えて下さい。
私自身がファッションのスタイルを持っているのかは、分かりません。ファッション(流行や同じ格好をする等の概念)は必ずしも好まないけれど、洋服や良い生地をとても好みます。遂に手に入れた冬用のスーツがとても気に入っています。紺色のヘリンボンのウールスーツで、いつも着ています。

写真家になったきっかけは何ですか?
インデックス・マガジンで働いていた時に写真家になりたいと気がつきました。その時にそこで、ヴォルフガング・ティルマンスやマーク・ボスウィック、ホンマタカシといった私の好きな写真家について知りました。

写真を撮る時に心掛けていることは?
私は写真を絵のように見せたい。独特の手触りや動き、誠実さを持たせたいのです。

最近使用しているカメラは?
ライカM6です。

お気に入りの写真集やアートブックを教えて下さい。
お気に入りっていうのは特にないけれど、エットレ・ソットサスの「Metaphors」が凄く好き。(以前のようにたくさんのアートブックは買わなくなって、活字の方をよく購入するけれど、)横山裕一の「Ourselves」を最近手に入れて、本当に美しいと思います。

ニュアンスの2012年春夏コレクションの撮影はどこで行いましたか?
あれはとても素晴らしいプロジェクトでした。色を撮影して欲しいとデザイナーのダイスケに依頼されて、彼は私の提供した独特なマゼンタ混合色の入った写真に従って、コレクションの何着かを染色しました。花などは、ブラジルで撮影して、友だちのフロレンシアは、ニューヨークで撮影しました。今でも私は、これらの写真を誇りに思っています。

フロレンシアさんとはどんな関係ですか?
フロレンシアは友だちで、私が本当に美しいと思う人です。

日本の印象はいかがですか?
日本は、本当の意味で私の決して理解することのできないと感じさせる国、だから、何度も何度も訪れたいと思わせるし、私は日本を訪れる事で、たくさんの成長をしてきました。それは私にとって、静かで、瞑想的な時間でした。

もし1ヶ月間旅ができるとしたら、どこへ行きたいですか?
1度も行ったことがないので、トルコへ行きたいと思う。セーシェルへも休暇で行きたいな。

最後に、近況をお知らせ頂けますか?
2月中旬に個展を開催するので、もうすぐ東京に行きます。近日中に正確な日程をお知らせしますね。

*個展の詳細はこちら

Journal_Marcelo_2

Marcelo Gomes / マルセロ・ゴメス
ブラジル出身、ニューヨーク在住の写真家
。
2003年にニューヨークに移りINDEX Magazineで働く。そこで、Mark Borthwickに出会い彼の元でアシスタントとして働く。 2008年にフリーランスとして独立し『Apple』『Ace Hotel』『Mr. Porter』『Opening Ceremony』『Toms』『Samsung』『Levi’s』等のブランド広告やキャンペーンを手掛ける。 『The New York Times』『New York Magazine』『Harper’s Bazaar』『Dazed and Confused』『Double』『Index』 『The Journal』『The Last Magazine』『Teen Vogue』『The Wire』『Sup’ Magazine』『Modern Matter』『W Magazine』『Inventory』『Too Much』といった、世界中のファッション誌やカルチャー誌で多岐に渡り活躍中。作品集は『Love and Before, Green and After』(2008) 『Taciturn Heart』(2010) をHasslaより出版。





Tweet this | Share on Facebook | Share on Tumblr
January 29, 2016 

VISITED IN BERLIN, GERMANY ON A BUSINESS TRIP FOR A WEEK IN JANUARY 2016

Journal_Berlin_1

The Berlin Wall (Berliner Mauer)



Tweet this | Share on Facebook | Share on Tumblr